iPS細胞の備蓄事業に対して国が支援を打ち切るようですが…

スポンサーリンク

患者自身からiPS細胞を作って移植する場合は数千万円の費用と数カ月の期間を要しますが、あらかじめ複数の型のiPS細胞を備蓄しておけば短期間に低コストで移植できるというのが備蓄事業で年間約10億円を支援してきたとのことです。

(※投票受付期間中は1票投票後に途中経過を見ることが可能となります。)

iPS細胞の備蓄事業に対して国が支援を打ち切るようですが…
  • iPS細胞は将来的にも重要な医療技術なので支援は継続すべき 39%, 33
    33 39%
    33 票 - 総投票数の39%
  • 国会議員の定数を数人削減するだけで10億円くらい捻出できるだろ! 31%, 26
    26 31%
    26 票 - 総投票数の31%
  • 「桜を見る会」で6000万円近くの税金を浪費するクセに年間10億円の医療支援をケチるな! 27%, 23
    23 27%
    23 票 - 総投票数の27%
  • その他 4%, 3
    3 4%
    3 票 - 総投票数の4%
  • これ以上の国の支援は必要ないと思う 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
総投票数: 85
2019年11月20日 - 2019年11月23日
投票の受付は終了しました
他の投票もオススメです!